本文へジャンプ
  〒441-3154
愛知県豊橋市二川町字西向山41-10
TEL:0532-41-0702 FAX:0532-65-2710
E-mail:futagawa-j@toyohashi.ed.jp
HOME>二川散策>二川の施設


JR二川駅
 明治維新後、全国に普及していった鉄道網。現在の東海道線となる東海道沿いにも鉄道が敷設されました。しかし当初は二川地区を通過するだけの鉄道でしたが、地元の強い請願によって明治29年、東海道本線二川駅が開設されました。JR東海道本線で、東京から名古屋方面に向かうと、本駅が愛知県内最初の駅となります。
グリーンスポーツ
 パターゴルフ、テニスコート、フィールドアスレチックス、ランニングコースなどがあり豊橋市の施設となっています。また、岩屋観音への登山通路があります。
施設概要:グリーンスポーツハウス・テニスコート2面(全天候)・キャンプ場・ランニングコース・
パターゴルフ場9ホール・芝生広場)
利用種目:テニス、ディスクゴルフ、ターゲットバードゴルフ、パターゴルフ等
豊橋市動植物総合公園(のんほいパーク)・自然史博物館
 
 自然史博物館、動物園、植物園、遊園地を備えた総合公園となっています。熱帯・亜熱帯植物が生い茂る大温室や、「モネコーナー」などの植物園ゾーン、アフリカ園、極地動物館などの動物園ゾーンなどなど、子どもから大人まで楽しめます。また、自然史博物館は、約6,700万年前の恐竜アナトサウルスの実物化石の展示や豊富な化石資料、地球と生物の歴史を楽しみながら学べる施設です。
大蔵山展望台・岩屋緑地公園
 山頂には展望台と風力発電の円形風車があり、湖西方面、田原の蔵王山や三河湾、豊橋市街地が一望できます。春には、桜祭りがあり眼下に広がる桜は見れば見るほど感動ものです。また、健康の道(善意の道)や大きなフィールドアスレチックスがあり休日には家族連れの憩いの場となっています。
豊橋市視聴覚教育センター・地下資源館
 「豊橋市視聴覚教育センター」と「豊橋市地下資源館」は、岩屋緑地を擁する岩屋山麓にあります。視聴覚教育センターは1974年(昭和49年)に、地下資源館は1980年(昭和55年)に、それぞれ開館。プラネタリウムを始めとして、映画映写施設や地下資源に関する資料や本物の鉱物が展示されている教育施設です。
二川自然歩道
 JR二川駅前に「二川自然歩道」の標識柱があり、しばらく坂を上りますと伊寶石神社の横に「豊橋自然歩道」の案内板があります。東山(松明峠)まで尾根道を歩くことになりますが、頂上までは雑木林がつづき、階段を登りきり東山の頂上に到着します。さらに、東方のNHK二川中継所近くには、3月頃咲くカタクリの花の群生がみられます。
梅田川の堤防の桜並木
 二川駅南口から東方向に続く、梅田川の堤防には,桜並木があり4月の初めには桜の花が満開となり、菜の花ともマッチしたのどかな風景を醸し出します。橋の名も味があり東方向から筋違橋・高橋・十七匹橋・三昧橋(現大岩橋)・西の川橋・桜橋があり、かぐわしい故郷を感じさせる光景です。
二川宿本陣資料館   
 東海道53次中、33番目の宿場町二川。往時の名残を残した街並み区域のほぼ中央に、二川宿本陣資料館はあります。文化4年(1807)に作られた本陣を復元し、資料館を併設して平成3年に、“郷土の歴史や文化”の資料館として開館しました。“豊橋市指定史跡”の貴重な施設です。全国でも珍しい旧本陣が残っているところ。東海道筋で遺構が残っているところは滋賀県草津市とここ二川だけです。)
地区内の休憩所等のご案内
JR二川駅北口市営駐輪場(WC) JR二川駅南口市営駐輪場(WC) 二川分団大岩部詰所消防器具庫(休憩所・WC) 二川公園
(休憩所・WC)
※その他、二川宿本陣資料館、二川地区市民館などもお気軽にトイレ休憩できます。
散策おもてなし処のご案内
二川「茶屋」(日の出軒) 二川宿案内所(川口屋)    
   
       
協力 ★二川・大岩まちづくり協議会★  H23/4
 Copyright(C)2011 Futagawa J.H.S. All RightsReserved  Last modified,